スカルプシャンプーの必要性に気づくシーン

スカルプシャンプーの女性用の必要性に気づくシーンについての記事です。
スカルプケアシャンプーの女性用の元祖とも言えるのが、1970年登場の花王「メリットシャンプー」。
フケかゆみを防ぐ薬用シャンプーとして登場した「メリットシャンプー」は、その後40年以上にわたって改良を重ね、親子での地肌ケアを提案するシャンプーとなっています。

その後、2007年、毎日のシャンプーでスカルプケアにとり組めるシリーズとして発売されたのがP&Gの「h&s」。
追って、資生堂のメガブランド「ツバキ」にも「ヘッドスパ」ラインが登場しました。
また、髪のエイジングケアという観点から、花王「セグレタ」やロート製薬「50の恵」からもスカルプに着目したヘアケアが新発売されました。
女性の場合、スカルプシャンプーの魅力のポイントは、地肌を健康に保つことによって美しい髪に導くことにあります。
スッキリ感よりも、頭皮のうるおい感や、髪のハリコシに重点を置いているようです。
さらに、女性がスカルプケアの必要性に気づくきっかけとしては、「年齢とともに髪の元気がなくなった」「汗をかくとかゆい」「夕方になると髪が重くなる、臭う」と感じる時などがあげられます。
春夏は頭皮のベタつきニオイ、秋冬は頭皮のカサつきやハリコシのなさに主眼を置いた、自分にピッタリのスカルプシャンプーの女性用を見つけて早めのケアを心がけましょう。

スカルプシャンプー女性用 コストパフォーマンスで選ぶ