因子を探って禿げ頭を攻略する

因子を探るところから禿げ頭は攻略が始まるというんです。私自身の、薄毛の原因を見極める言い出しや薄毛攻略の内容にあたって紹介します。我々はM字ハゲになってから、薄毛攻略としていきました。
我々は昔までヘアーがふさふさだったのですが、ある時からヘアーが抜けるようになってきたのです。
続きを読む “因子を探って禿げ頭を攻略する”

アタマの半分がツルッパゲ

アタマの半分がツルッパゲで耳の周りが白髪という件についての話しです。じつは、M字はげが次第に拡大しているんです。私の身内のM字はげについての経験談をお読みください。
私の父はハゲです。
頭頂部からハゲ始め、今現在はお茶の水博士のように、頭の半分がツルッパゲで、耳の周りが白髪です。
そんな父を子どもの頃から身近に見ながら、自分もいつの日かあんなハゲになってしまうのではないかと不安に思いながら生きてきました。
続きを読む “アタマの半分がツルッパゲ”

男性用のシャンプーは安いものに限る

男性用のシャンプーは安いものに限ると感じ始めた私の体験談です。
私は学生の頃は髪型や髪の毛に対するケアにこだわっていたので、パンテーンやダヴなど大手メーカーのそれなりに質の良いシャンプーを使っていました。
もともと剛毛体質なので、髪の毛が伸びるのが早く、自分で髪の毛を切ることを始めたのがきっかけです。

社会人になり、それなりの給料をもらうことになったものの、経済的に厳しい生活を送ることになったので髪のケアにかける費用も少なくなってしまいました。
男性用のシャンプーは肌に強く効くものが多く、皮膚が弱い私には不向きで、昔から女性用のシャンプーやリンスを使っていました。
現在はイオンが出しているトップバリュのシャンプーとリンスを使用しています。
メーカー品が400mlで300円から400円ほどするのに対して、トップバリュのシャンプーとリンスは158円にて販売しています。
とても安いので、その効能が気になります。
しかし、5年ほど愛用していますが、メーカー品に劣ることなく汗落としなどの洗浄効果があります。
今後、年を取るにあたって薄毛や白髪などの問題が出てくるので男性用のスカルプケアなどのシャンプーを使っていこうかなと思っています。

スカルプシャンプーの必要性に気づくシーン

スカルプシャンプーの女性用の必要性に気づくシーンについての記事です。
スカルプケアシャンプーの女性用の元祖とも言えるのが、1970年登場の花王「メリットシャンプー」。
フケかゆみを防ぐ薬用シャンプーとして登場した「メリットシャンプー」は、その後40年以上にわたって改良を重ね、親子での地肌ケアを提案するシャンプーとなっています。

その後、2007年、毎日のシャンプーでスカルプケアにとり組めるシリーズとして発売されたのがP&Gの「h&s」。
追って、資生堂のメガブランド「ツバキ」にも「ヘッドスパ」ラインが登場しました。
また、髪のエイジングケアという観点から、花王「セグレタ」やロート製薬「50の恵」からもスカルプに着目したヘアケアが新発売されました。
女性の場合、スカルプシャンプーの魅力のポイントは、地肌を健康に保つことによって美しい髪に導くことにあります。
スッキリ感よりも、頭皮のうるおい感や、髪のハリコシに重点を置いているようです。
さらに、女性がスカルプケアの必要性に気づくきっかけとしては、「年齢とともに髪の元気がなくなった」「汗をかくとかゆい」「夕方になると髪が重くなる、臭う」と感じる時などがあげられます。
春夏は頭皮のベタつきニオイ、秋冬は頭皮のカサつきやハリコシのなさに主眼を置いた、自分にピッタリのスカルプシャンプーの女性用を見つけて早めのケアを心がけましょう。

スカルプシャンプー女性用 コストパフォーマンスで選ぶ